杏園会グループ

特徴
質の高いチーム医療で、365日良質なリハビリテーションを提出します。

回復期リハビリテーションとは

回復期リハビリテーションとは、脳血管疾患または下肢の骨折等の患者様が薬物治療・手術などの
急性期の治療を終了し、社会復帰のために集中的にリハビリテーションを行う目的で入院する専門病棟です。
ここでは、従来の機能回復訓練に加え、自宅での日常生活を想定した
実践的なリハビリテーション(着替え、入浴動作など)を土日祝日も休むことなく毎日受けることができます。

理学療法
基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や障害の予防・機能維持を目的に、運動療法・日常生活動作訓練・物理療法などのリハビリを行います。
作業療法
「日常生活能力」の回復を促すリハビリを行います。食事や着替え・トイレ・入浴等の日常生活や、書字・創作活動等の趣味活動が行えるように動作練習を行います。
言語聴覚療法
音声・言語・聴覚・摂食・嚥下等の障害のある方(成人・小児)に対して、日常でのコミュニケーション能力や機能の維持向上を目的として、訓練・検査・指導・助言等を行います。

リハビリステーション支援システム

当院では、リハビリテーション業務の効率化と多種多様な統計資料を活用した運用改善をサポートするため、リハビリテーション支援システムを導入し、より質の高いリハビリテーションを実施しています。
統計資料